NEWS

記事
ハ・ジウォン「100%満足する作品はない....少しずつ後悔は残る」
2016.12.16

韓国の記事にジウォンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

ハ・ジウォン「100%満足する作品はない....少しずつ後悔は残る」

ハ・ジウォンのフィルモグラフィーには、ラブコメディから時代劇、メロ、アクションまで、
様々なジャンルの映画やドラマが記載されている。
ハ・ジウォンは、このようなフィルモグラフィーを介して八色鳥の魅力を認められ
「ラブコメディクイーン」、「アクションクイーン」などのニックネームを得た。

映画「許三観(仮)」以来、約2年ぶりにスクリーンにカムバックしたハ・ジウォンは、
ラブコメディとスリラーが混合された変わったジャンルの映画
「命を懸けた恋愛(仮)」(監督ソン・ミンギュ)を選んだ。

命を懸けた恋愛(仮」は、ベストセラー作家になるために直接殺人事件の犯人を追う
天然気質の推理小説作家ハン・ジェイン(ハ・ジウォン)と
幼なじみソル・ロッカン(チョン・ジョンミョン)と
ミステリーで魅力的な男ジェイソン(ジン・ベクリム)が披露するコミック反転捜査劇である。

「ラブコメディとスリラーを結んだ部分が面白かった。
恐ろしくて緊張している中で、その中に笑いもあり、様々な話が含まれているんですよ。
しかし、100%満足している作品はないでしょう。
少しずつ後悔は残りますし、観客にみせるときは、常に震えます。
でも観客が少しでも笑うことができるなら、それで良いなと思います」

チョ・インソン、ソ・ジソブ、ヒョンビンなど、
共演する俳優と完璧な呼吸と相性を誇ったハ・ジウォンは
今回韓国代表イケメン チョン・ジョンミョン、台湾代表イケメン チェン・ボーリンと呼吸を合わせた。

「二人とも、現場で一生懸命に働いた。
チェン・ボーリンさんの場合は、
外国人にもかかわらず、監督とたくさんコミュニケーションをはかり、
不平不満なく撮影するのを見て感動しました。
そしてチョン・ジョンミョンさんは、キャラクターのためのアイデアをたくさん出して、
最初のシナリオのキャラクターよりも立体的なキャラクターに作りました。
二人とも良いパートナーでした」

映画の中でハ・ジウォンは中国系アメリカ人として登場する
チェン・ボーリンとのシーンを、英語で自然に演技した。
ネイティブのように流暢ではありませんでしたが、努力した跡と意志が伺えた。

「最初にシナリオをもらったときは、英語セリフの分量が多くなかったですが、
チェン・ボーリンさんがキャスティングされ、英語セリフが増えたので、
英語の勉強を一生懸命にしましたよ。
そしてセリフを正確に伝えるために発音には気を使い、正確に発音しようと努力しました」

1996年にデビューし今年でデビュー20周年を迎えたハ・ジウォンは
誰よりも熱心に働き、休む暇もなく走ってきた。
疲れがたまってるはずだが、ハ・ジウォンは、
今後の目標と課題について話し、これまで以上に目を輝かせた。

「次が決まっているわけではないですが、
もう少し人間味がある演技をしたいと思います。
今までハ・ジウォンから見ることができなかった乱れた姿や、
面白い姿を見せることができる作品をするのが目標です。
大きな変身はありませんが、作品ごとに変化がある俳優になりたいです」

こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

リストに戻る

Copyright 2014-2017 HAEWADAL ENTERTAINMENT & C MEDIA All Rights Reserved.

z[ gbv Xgɖ߂