NEWS

記事
ハ・ジウォン、もう彼女が愛すべき時間
2015.09.14

韓国の記事にジウォンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

ハ・ジウォン、もう彼女が愛すべき時間

SBS週末ドラマ「君を愛した時間~ワタシとカレの恋愛百書」でロマンチック演技にも成功した
ハ・ジウォンは女優として満たされた感じだった。
デビュー以来、18年間こつこつとトップスターの立場になり、
国内の代表女優として定着して久しい。
しかし、「女性ハ・ジウォン」として愛と恋愛には
「勝手にはできないですよ」といたずらっぽく泣き顔を作った。

「女性として恋愛もして、きれいな家庭も実現させたいでしょう。
女優として作品や配役を選択するのは可能だが、現実の中ハ・ジウォンの問題は難しいんですよ。
女優として幸せなこと以上に女性としてきれいな生活を送りたいんですよ。」

ハ・ジウォンは「君を愛した時間~ワタシとカレの恋愛百書」での仕事はプロ、
恋愛は不器用のオ・ハナ役を演じ、甘々しいロマンス演技を繰り広げた。
視聴率は高くなかったが、カスタム服を着たように、自然なキャラクター設定に話題性は高かった。

「普段、私はオ・ハナに似てますよ。私の友人も「君を愛した時間~ワタシとカレの恋愛百書」を見て
楽にいるとき、あなたと似ていると言われました。
弟は「お前もちゃんとやれよ」というセリフがリアルだと言われ、私がよく使う言葉だと。(笑)」

どうやらロマンチックコメディのせいか、ハ・ジウォン、本人の恋愛にも関心が高まった。
当初、中国の俳優チェン・ボーリンとの熱愛説のハプニングもこのような理由から始まった。

「恋愛しなければならないというのは分かるけど、考えた通りにはできませんね。
ドラマ撮影をしながら恋愛細胞が常に開いているのに、実際の現実のハ・ジウォンは
時間がそれほど空いてなくて寂しいなんて感じなく生きているようです。
もちろん合コンもして、飲み会も行く努力が必要だと思いますが、
このようなことをあまりしてないからこれからは本当に努力するべきでしょう?」

理想のタイプに愉快で明るい人を選ぶ彼女は「君を愛した時間~ワタシとカレの恋愛百書」の中で、
プロポーズシーンを見ながらときめきました。
チェ・ウォン(イ・ジヌク)が、多くの人が見ているところでオ・ハナに指輪を
プレゼントする場面が「ぐらぐら」と沸き立たなかったのかと聞いたら、
むしろ目を丸くして「本当ですか?」と聞き返した。

「空を飛んでいてときめく瞬間、飛行機の中でプロポーズをされると考えてみてください。
どれだけサプライズでロマンティックですかね!
人々が見ているのが少しあれでしたが、私はむしろ人があまりいないファーストクラスで
もらったらいいんじゃないですか?私はアイスクリームに指輪を入れてプロポーズするのも
とてもきれいだと思ったのに...」


©SBS

引き続き恋愛と結婚についての質問が集中するので、「なぜこんなに結婚の話だけ出るのか?」と
照れくさそうに笑った。その一方で「君を愛した時間~ワタシとカレの恋愛百書」の中で、
スモールウェディングに対して羨ましい心を表わした。

「そのシーンの感じが本当に良かった。暖かくてきれいだという感じを受けたんですよ。
周囲のスタッフにも「私もそんな結婚したい」とも聞きました。
虚礼虚式ではなくて、きれいではなかったでしたか?実際の意向があるかとか?
そうですね。一度男性が現れたら相談してみます。(笑)」

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

リストに戻る

Copyright 2014-2017 HAEWADAL ENTERTAINMENT & C MEDIA All Rights Reserved.

z[ gbv Xgɖ߂