NEWS

記事
『君を愛した時間(仮)』ハ・ジウォン、現実共感キャラクターの秘訣は「台本を必死に勉強」
2015.07.21

韓国の記事にジウォンさんの記事が掲載されていましたので
皆さんにご紹介します。

<スタッフ翻訳文>

『君を愛した時間(仮)』ハ・ジウォン、現実共感キャラクターの秘訣は「台本を必死に勉強」



『君を愛した時間(仮)』ハ・ジウォンが堂々とオ・ハナになるまでの時間が公開された。

ハ・ジウォンはSBS週末ドラマ『君を愛した時間(仮)』(チョン・スウォン脚本)で、
いつも堂々として自信満々なシューズブランドマーケティングチーム長オ・ハナとして熱演中である。
オ・ハナは同年代よりも早く昇進して、ゆっくりと自分のキャリアを積んでいく人物で、
彼女の成功の後ろには誰も知らない時間の投資と情熱が隠れている。
このような現実共感エピソードは女性視聴者をひきつけている状況。

22日、『君を愛した時間(仮)』側を通じて公開された撮影現場写真は色とりどりのペンを持って
台本勉強に熱中しているハ・ジウォンの姿が盛られている。
ハ・ジウォンは、場所を問わずどこでも台本を手に握りしめている。
彼女は撮影中の休み時間はもちろん、ちょっとした間が空いたら立ってても座ってても
素晴らしい集中力で台本に目を固定している。

何よりもハ・ジウォンが制服を着て、机の上に座って台本に向かっている姿は
高3の受験生を連想させ、注目を集める。ハ・ジウォンが一つでは足りず、蛍光ペンの筆記具を
二つも持って台本に集中している姿は、彼女が自他共に認める「台本ホリック」であることを
確認することができる。

特にハ・ジウォンの台本にはセリフ一つ一つに蛍光ペンが引かれており、視線をひきつける。
また、台本には余白にゴマ粒のような彼女の手書きと色ペンと付箋を適度に使用して
表示をした繊細さまで目に入ってきて、いつものハ・ジウォンの几帳面な性格と燃える演技情熱を
確認することができる。

『君を愛した時間(仮)』の制作陣側は「ハ・ジウォンは一瞬たりとも台本を置かない。
彼女は毎回几帳面でディテールに台本を分析してくる特別な演技情熱を誇っている」とし
「ハ・ジウォンだけでなく、すべての俳優らとスタッフが良い作品を作るために情熱的に撮影に
臨んでいるので、今後も甘々しいロマンスと共感できる話でいっぱい満たされる
『君を愛した時間(仮)』にたくさんの愛をお願いします」と伝えた。

一方、『君を愛した時間(仮)』は毎週土、日曜日の夜10時に放送される。

>>こちらから記事の本文と写真がご覧いただけます。

リストに戻る

Copyright 2014-2017 HAEWADAL ENTERTAINMENT & C MEDIA All Rights Reserved.

z[ gbv Xgɖ߂